債券は持つべき?今がチャンス?

債券は種類も多いですが、ここでは証券での債券です。満期を待つまでもなく市場価格で売られている債券のETF等です。


ポートフォリオの一部に取り込むのが推奨されていますが、必ずしも株式と逆相関性があるわけでもなく、値下がりもあり、ボラティリティもあります。ただし基本的には極端な動きをしない低ボラティリティの認識がされているので低リスク投資でもあります。

下がり続ける債券価格(7-10年債券)


安全投資とされていますが、昨今は大幅に下がっています。特徴的なのが金利が上がると債券が売られる(債券の利回りが上がる)のでこの場合は値下がることになります。この局面では逆相関性を利用することは出来ません。

10年債金利チャート 金利が上がると債券価格が下がる(売られる)

逆に債券が値上がる時は金利が下がるときです。金利が下がる時は不景気による対策として政策金利を下げるときです。


先を見越した動きが証券市場です。リセッション入りを意識すると株価は売られます。逆に債券は利回りが下がるので値上がりします。このときは株価と逆相関性となりえるのです。
今がまさにその時で、今は政策金利を上げる方向ですが、景気後退を見越して金利の値幅が縮小していくと債券が買われる状況が出てくる可能性があります。その時は株は売られる立場ですが債券は値上がり、逆相関で資産防衛を期待出来ます。
今までの債券の落ち込みは相当な状態です。政策金利がこれ以上大きな利上げが発表されない限りは債券価格は織り込み済の認識ではないでしょうか。
本格的なリセッションとなるかどうか、まだ不透明ですが金利の値幅が縮小と判断すると今が底「買い」です。
金利をまだまだ上げる勢いがあれば債券は再び売られます。
私の思いとしてはインフレはピークで大きな利上げは無いのではと思っています。債券は大きく売られたので今後は大きく暴れることはない、買い場だとも思っています。
しばらくはどっちつかずのレンジかもしれませんが、徐々に仕込みには十分かと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。