失敗事例

投資で失敗はつきものです。失敗すら気付かないことも多いですが、私はこれはダメだったってところを紹介します。

もちろん人によってうまく立ち回れている方も多いので、それがすべての人に当てはまるわけではありません。

FX

投資を始めたのはFXでした。15年ぐらい前でしたかね?今の仮想通貨のように証券会社がたくさん現れた時期にブームにのって始めました。そのころは円安方向だったので誰でも勝てるような状況でしたね。

しかし、コツコツどかんを何度も食らってしまいました。もちろん勝てる年も何度かありましたが、儲けと損を繰り返すだけで結果、最終的に私には合わないと判断して撤退しました。

レバレッジ投資

ここでは主にFXです。当初はFXがなぜこんなに損する理由がわからないままやっていた点が失敗です。つまりはリスクへの想像、許容度が把握できなかったのです。

これは初心者やベテランでも取りこぼすことは多々あります。レバレッジは儲けの効果も絶大ですが、損もおなじだけ発生する仕組みです。

リスクが非常に高い投資を初めからやったのは勉強の意味ではよかったかもしれませんが、レバレッジ投資を否定するわけではありません。難易度があるので、自分に合わないと判断すれば手を出さないものかと思います。

損切できない

これは短期投資ではとても致命的です。どんどん損を拡大させることによって失敗します。いつか戻るだろうと、私本人としては損切りできない体質としみじみ感じました。ただ損切りは投資では必須です。なかなかできない方も居るかと思いますが、資産運用続けて慣れていくしかありません。資産が増えていくとマインド的に出来るようにもなりますので、焦ってリスクの高い投資を続けて損出しを続けていくものでもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。