「本気でFIRE」を読む

正式には「本気でFIREをめざす人のための資産形成入門 30歳でセミリタイヤした私の高配当・増配株式投資法」です。


結論からいうと拍子抜け

ついに出ました。日本版FIREの先駆けとも紹介されていますリーマンさん(ペンネーム穂高 唯希さん)からの本が出版されましたのでさっそく読むことにしました。

波乱万丈、赤裸々痛快な投資日誌か

と思いましたが、「入門」とあるようになぜか投資「入門」でした。

知ってる人はご存じの通りリーマンさん、

入社時に会社を「豚舎」、「階段」は資源

と語るぐらいぶっ飛んでるので↓下記のようなイメージを勝手にしていたのですが

「リーマンの兄貴、あの人は本気なんだ、給料日には食堂で飯も食わず白湯飲みながら、なんらためらわずタバコ株に給料突っ込んでるんだ。こんなこと誰にもできねぇ、それだけすごい人なんだよ!」

(↑フィクションですよ! それに何故わざわざ食堂で白湯飲むんだw、いやこれ誰の会話w)

さすが兄貴!

今回の概要は高配当株による資産形成入門の様でした。

本の挿絵も好青年ですね…私の勝手イメージと違う~

ちょっとあまり内容の詳細を書いてしまうとネタばれすぎるので、以後は中身をご確認ください。

しかしいくつか気になったところを感想を書かせていただきます。

全力で押し切れ!

まず私自身リーマンさんのHPを隅から読んでいなかったので、生い立ちのところは興味深いところでしたね。

ご本人も自覚されているのですが、為替やネットゲームのやりこみ、北京大学での猛勉強等々、何か度が過ぎるぐらい集中的にできる性格のようで、これが高じて株式投資も自然とこの流れになったようです。

正直なところよくよく吟味した投資というより全力、高高配当銘柄への投資、分散銘柄投資といったところですね。リスクを顧みるというより、量で押し切る感じです。私はそこに魅力は感じます。

ネットゲームを得意とする方の特徴として、私がなんとなく思うところは、ゲームの世界で最高効率を生み出すのはどの方法か、とことん極める傾向にありますね。この世界はゲームだ、と意識切替で最高の配当金を出すべく株式への投じたのではないでしょうか。

しかしながら、この書ではこのような形での投資を推奨しているのではなく、高配当ETFの推奨でした。入門とあるのでタイトルに沿った感じですかね。ちょっぴり残念です。

Welcomeアンチ

残念なことにamazonの評価でも見れるようにアンチが多いですね。執拗なぐらい長文をわざわざ書いてきます。

まぁこれも「ブログ飯」でもでてくるのですが、アンチが多いということはブログが人気になってきたということで、すでにレビュー者が多いということですね。

ご自身も無茶なこと承知でやってる(と思うので)ご批判Welcomeかもしれません。

何を言われようと自分の決めたことですものね。実際にリタイヤしたのでますます妬みや嫉妬が出たかもしれませんが、まぁ予想通りで注目度はまた一段と高まったでしょう。

ご本人も継続的にブログを更新されているので何も問題なさそうです。

肝心のFIREについて

さて肝心のFIREになるのですが、リーマンさんの戦略は高配当株へのキャッシュフロー(配当金)の最大化です。これも至ってシンプルで継続的な高配当株への投資です。

リーマンさんもサバティエさんと同じくジャブジャブと投資に最大限投じることで短期間で資産形成しております。

高配当株への投資は配当の減配や評価額の減少のリスクは免れないのですが、できることは分散投資と再投資によるさらなる積み上げです。悪い言い方をすればチキンレースですが、自分を信じて臆せずできるかにつきます。

さすが兄貴!

ご本人が語られることは投資スタイルは「自分にとって心地よいかどうか」とのことで、

入門といえど、その指針は投資をしている人たちには深いですね。

サバティエ氏のFIREも読み終えて両人に言えるのは愚直な「投資スタイル」と「勢い」ですね。

短期での資産形成は「尋常ではない」ことです。しかしながら時間がかかってもFIREはできると語られています。

リタイヤ後の新たなステージを踏み出したいなら、投資云々もありますが、まずchallengeですね!

おっちゃんはいつも勇気をもらってますw

(キャッシュフローでの資産形成は別途また語りたいと思います。)

参考になったとおもったらぽちっをお願いします。

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です