ロボバイザーがすることは?

↑ WealthNaviのサービス紹介より

購入銘柄は参考にできるかも

Wealthnaviではポートフォリオの構成銘柄を自動で購入していくのですが、これがAIの作業というところでしょうか、毎月の積立金額から銘柄を選んで購入していきます。決まりはわかりませんが眺めていると、ポートフォリオの割合に対しては忠実です。どれかが行き過ぎて買い過ぎることや少なくなるということになりません。この割合を保って初めて機能するポートフォリオ理論ですので市場の動きに対して気が変わって運用を変えていくようなことはしません。

これはポートフォリオを眺めて、今月はこの銘柄を買うことにしようと個人ではなかなかできないことです。(できないことはないですが…)

毎月自動で購入していくので気にも留める必要はありませんが、どのような銘柄をこのタイミングで購入するか、はちょっと気になるところです。例えば株高基調が続くと金や債券などを購入したり、景気後退の時は割安になった株を購入したりと、裁量的に動いている様です。(この通りではない動きもあります。)これも個人ではなかなか時間が取れないと、考えて決めて買い付けすることは難しいです。

参考までに購入履歴を眺めるのがよいと思います。

自動リバランス(アセットアロケーション)

アセットアロケーションとは資産配分率のことですが、ポートフォリオがすでに資産の割合を示すことが多いので、アセットアロケーションは「資産を配分する」つまり適切に資産配分をする、と意味を指すことが多いです。

これは何を言っているかというと、資産は変動して移り行くものなのでいずれポートフォリオの資産配分率は変わってしまいます。これを従来の配分ルールに直そうとする動きが必要です。

Wealthnaviはアロケーションの修正をリバランスと言い、これもロボバイザーで自動で行ってくれます。

これもまた個人でもなかなか難しいです。(やらないといけないことですが)

具体的には膨れた銘柄は売却して、しぼんだ銘柄を購入することで元に戻します。しかしながら一方で膨れた銘柄は今後も上昇を期待できます。これは躊躇してしまうところです。

別の方法としてしぼんだ銘柄を購入して全体の比率を元に戻そうとすることです。これもまた購入する必要があるか、と躊躇してしまうところも出ます。

バランスが崩れたポートフォリオはせっかくの決めた配分から乖離するので意味をなさなくなります。

前回もお話しましたが、例えば株式が大きくなりすぎると暴落時の資産評価が大きく下がります。

老後資産の積み上げにはよいかも

これまで3回にわたって語ってきましたが、結論としてあれこれ全自動でしてくれるので投資初心者、少し銀行預金より増やした方にはうってつけです。全自動といってもこれまで紹介した通り、リスクヘッジの施策、なるべく元本を割らないように運用している姿はわかりますので、まず始められても問題ありません。

またこれは長期の運用を想定したものになりますが、今現在運用資産は2,600億円を超えているとのことで、早々に会社を終えてしまう(強制償還)することはないと思いますので20年~とかの運用でも問題ないかと判断します。

個人的な考えですが、自分年金として積み立てNISAやidecoにプラスαとしてロボバイザーもありだと思います。

というのは積み立てNISAやidecoは年間限度額があります。ロボバイザーは節税対策はありませんが、1%の費用負担で全自動で資産運用してくれるので、これは知識がなくても誰でもNISA以外で資産をさらに積み上げすることができる方法だと思います。

セミリタイヤでは不向きか

このブログのタイトル、ではセミリタイヤではどうか?というと

出口戦略としてリタイヤ後は運用を終わらせることが一つになります。それまでの資産形成とするならばアリだと思います。ただ今後のパフォーマンスはわかりません。これはロボバイザーをやるやらないに関わらず言えることですが、資産を増やすことについて、もっともよい方法というのは存在しません。

リタイヤ後でも継続する場合はどうか、とするとこれは壮大な実験になるかと思います。しかしながら不向きです。

  • 配当相当が手数料1%で使われてしまう。キャッシュフローが脆弱
  • 取り崩しがメインとなり、積立効果が発揮できない。

問答無用で手数料1%とられるので総額が大きいと手痛い出費となります。3,000万円では30万円もとられます。そもそもこちらの資産運用は積み立ててこそ効果が発揮し、その分の見返りとしての手数料ですので資産運用としての捉え方が違うかと思いますね。

リタイヤ後ではちょっと選択肢からは外れるかと思いますが、何度も書いている通り、無知識から始められるので大変優れたものだと思います。長期的には下手な裁量的な投資より断然優れているとも思っています。

以上で簡単な考察でしたが、ロボバイザーについて終わりとしたいと思います。

参考になったとおもったらポチっをお願いします。

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

元財務官僚が5つの失敗をしてたどり着いたこれからの投資の思考法 [ 柴山 和久 ]

価格:1,650円
(2020/7/14 22:52時点)
感想(2件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です