メガバンクはオワコン?最適な銀行口座を考える。

普段の口座を見直す。

前回の記事で賞与(ボーナス)のことを書きましたが

それでも賞与があった方は今のうちに貯蓄しておく、預金するならほんの少しでも増やしたいと思ってる方も居られるのではないでしょうか。

ここで定期預金をいろいろ覗いてみると…
おおよそ金利0.2%程度ですね。

まぁ今のご時世そんなものと思いますが、
実は口座によっては普通預金でもこれぐらいの金利が付くのです。

ここで改めて普段使っている銀行口座を考えてほしいです。

いつでも出し入れできる、流動性を考えたら筆者は断然、普通預金が選択肢です。

手数料と場所

それはどこかと言うとずばりは(現時点で)
あおぞら銀行で0.2%
楽天銀行で0.1%

(他、auじぶん銀行、東京スター銀行などなどもあり…)

普通預金の銀行決めの条件は使い方によって違いはありますが、
・金利
・手数料

と筆者は考えています。
金利は先ほどの通り、当然無リスクで多い方がよいです。

手数料はよくよく吟味しないといけません。
振込手数料もそうですが、ATM利用の条件も加味してください。

ATMの条件として

1.手数料
2.場所

2はそのままですね。自宅近く、駅近くとにかく行動範囲内の近場にあること。
これは自然と選択肢が決まってしまいますね。

問題は1です。

ディスカウントショップはキャッシュ扱いが多い

キャッシュレスの流れと言われても、我々の大好きなwディスカウントショップは多くがまだキャッシュ(現金)扱いのみです。

店側はクレジットの手数料を排して商品をディスカウントしているので当然かと思います。

ここでATMでの引き出しとなりますが、なるべく引き出し手数料は払いたくないですね。
一回で100~300円なんてザラにあるので困りものです。

その点、あおぞら、楽天(預かり金額の条件有)は
無料となっています。 

おあぞら銀行 ゆうちょ系ATMは無料
楽天 ほとんどのコンビニATMで無料(7回/月 300万円以上預かり)

メガバンク系でも無料条件はありますが、こちらは不親切です。
条件が複雑でATMを使うのを躊躇します。

楽天銀行ではアプリで無料手数料回数が随時表記され、使うと更新されます。
さらに入出金がメールで送信されるので安心感もありますね。

また、メガバンクは経費削減でどんどん支店を潰しています。
「場所」としてATMがなくなっていってるので、そもそも引き出しできなくなってきています。(結局コンビニで引き出す羽目ですが、この手数料が不明確ですよね!)

結論として金利面ではだんぜん、あおぞらですが、
総合点として筆者は楽天ですかね。
その理由は下記になります。

楽天共栄圏

実は楽天での金利0.1%は条件があり、ちょっと手間です。

楽天証券に口座開設し、マネーブリッジを行うこと。
(マネーブリッジとは、お金が銀行口座と証券口座が簡単に(手数料無料)行き来できるようになることです。)

証券口座開設はちょっとハードルが高いですかね。
しかし、資産運用もゆくゆく考えているなら開くべきです。
(口座を開くだけなら当然、無リスクです)

今後の記事で詳しく書く予定ですが、

この優遇金利以外に楽天カードを作ることで

楽天カードで積立投資するとカード1%の楽天ポイントの還元があり月、最大5万円投資の1%として500ポイントが無リスクとして手に入ります。年間として6000ポイントも付与されるわけです。ポイントはそのまま投資資金にも使えますし、もちろん店頭、通販でも使えます。

楽天では巧みにポイントを利用してモノとお金がまわる共栄圏が出来上がっている感じです。消費者としては生活する上では断然有利ですね。整理すると

・投資も考えると、銀行口座は楽天銀行は必須か
・金利面からも、あおぞらも選択肢の一つ。
・口座として、メガバンクの優位性が崩れてる

筆者としてはあおぞらは使ってないので今後の口座選択を検討したいところです。ただ、預金金利は変動し易いので金利が変わるかもしれません。そこのところ楽天は証券会社と結びついてるので、口座数が増えると、証券会社の手数料の増加が見込まれるので、易々とは優遇金利を変更しないかな?と勝手に想像していますw

(auじぶん銀行でも同じような動きですね)

普段から使っているからと放置している銀行口座について
今一度考えなおされてはいかがでしょうか?
お金を預けるだけのメリットを疑うべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です