賞与の先細りに対処する。

コロナショックで所得は増えない

単純な話、公務員以外は給与所得は景気動向に左右されるので

すでにこの先所得の増額は見込めないのではないでしょうか?

残念な真実ですが、つい先日までロックダウンにより大きく経済活動が停止したので利益の源泉となる売り上げが無くなる以上、利益どころか赤字になるところが多々出ているかもしれません。

賞与の減額があったかと思います。おっちゃんもそうでした。

ただし、おっちゃんの所属は前年度より黒字上昇をしたのにも関わらず、会社全体として利益が前年度下回るとして、支給額が減額されることとなりました。

繰り返し残念な真実ですが、この先コロナショックからの回復は長い時間がかかるかと思います。その間潤沢に利益を出し続けることなんて毛当にも想像できません。よくてじり貧の事業継続が関の山でしょう。儲けがでない以上、賞与の増額が期待できません。

働いた分だけは給料は出ますが、利益に直結する賞与は望めないのは間違いありません。

更に残業の抑制や、時短の業務を求められるかもしれません。

また所得が減る以上、それぞれ皆さんが支出を抑えることになるでしょう。

不況ですね。

自分の努力では何もできません。

ぐっと嵐が静まるまで耐えるしかありません。

この機会にサブの所得を考える

所得が減ることに対して支出を減らすことでやり過ごすこともありですが、給料所得をメインとしたら、それ以外のサブの所得で補うことも考えたいところです。

単純に副業と言ってしまえば、人によって落胆するかもしれません。

更に働くのかと

しかしここでは単純な肉体労働だけと考えずに

自分のスキルや知識で副業できないか探してみることです。何か持ち合わせてなくても生活に折り合いがつくすき間の仕事を探すのでもよいでしょう。

または、しばらくはやり過ごせる様であれば、将来の収入を得るためのスキルを身に着けるのもよいです。

切羽詰まっていないのであれば、これは収入を当てにできるかどうかは、あまりこだわらなくてもよいかと思います。

やってみないとわからないものですので。

ここの筆者の中年おじさんは初めてブログにチャレンジしました。直ぐに収入を得る目的とは思ってません。第一にブログで情報発信するスキルを身に着けることを目的としています。

収入第一とばかりかんがえずに、スキルをつけること、努力することは今後、ご本人の活躍に十分なリターンになるはずです。

まずは何かできないか、考えて実行することです。

不労所得を身に着ける

しかしながら究極はやっぱり↑これですね。

働かないで収入が得るなんてとんでもないですw

しかしこれには直にリターンが得られるものではないので事前の準備、仕込みが必要ですね。これは追々お話していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です