【子供】子供の学習費っておいくら?概算でも把握しておこう

子供がいる世帯で早期リタイアはなかなかハードルは高い様に思われますが、それでも子供がいる場合、たとえば学習費は実際はどれぐらい費用を見ておいた方がよいのでしょうか?

老後2,000万円という金額はよく表に出てきますが、子供にかかる費用はなかなか、これ!ってものが表に現れないですね。教育の仕方によって条件は様々なので無理もありません。

しかしながら口コミでは、例えば学習費・養育費の総額、子供一人当たり2~3千万円かかるとも掲載されています。ちょっとびっくりするしますね!

今回は正確な答えは出ませんが、概算でも子供の学習費でおいくら掛かるか見ていきましょう。

家庭の条件は様々ですが、ここで一つの参考に文部省の子供の学習費調査があります。

これはFPでも統計データとして用いられる資料ですね。これから結婚~お子さんを考えられる方にも参考になるかと思います。さっそくどの程度か覗いてみます。

お一人1千万円以上は確実かも…高校生まで

学習費のデータは幼稚園から高校までになります。給食費、学校行事に関わる費用、塾代等も入っています。

政府統計の総合窓口 子供の学習費調査

ちょっと見ずらいですが内訳表は下記になります。

これは年間の費用になりますので、これで在学期間をかけ合わせると、高校生までの合計となります。これも組み合わせは家庭で違ってしまいますが、あえて参考までに合計を集計するとして

〇例えば幼稚園(公立)、小学生(公立)、中学生(公立)、高校生(公立)として場合は

〇例えば幼稚園(私立)、小学生(公立)、中学生(公立)、高校生(私立)として場合は

ストレート公立では高校までの費用は約550万円、一部私立に行く場合は800万円ぐらいとなりました。

これに養育費(食費やこずかい、旅費等々)を足し合わせると考えると

まぁ高校生まででも1,000万円はくだらないようですね。これぐらいの心構えは必要のようです。。。

クライマックスの大学生はおいくら?

さて、なんと高校生まででも大変な金額でしたが、最強の支出期間の大学生ではいくらかかるのでしょう?

これも文部科学省の聞き取り調査があります。

令和元年度私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額(定員1人当たり)の調査結果について (PDF:62KB) PDF

費用面では国公立であれば助かりますが、一般的に私立に入学したとしてどの程度か見ていきましょう。

初年度と残り3年分の費用を合算したのが下記です。

4年間で文系の学費で約400万円、理系で550万円程度といったところですね。

これに養育費(食費、交通費等々)、さらに下宿費ともフルでオン(加算)することにもなると

大学生の期間だけでも1,000万円はくだらないようです。

(参考までに他サイトも見て回りましたが、大方合ってそうですね…)

子供も(実は)2,000万円でした。

まぁ洒落にもならないですが、上記までの結果を合計すると、普通に子供が成人して大卒するまでの費用2,000万円程度の支出の可能性は有の結果となりました。

みなさんはご存じでしたでしょうか??

もちろん子供の費用は先が読めない(どこに入学するか、どういう教育になるかわからない・笑)なので一概にこの金額を全うに受け取る必要もないかとも思います。

冷静にもう一度見込みを見直しましょう。

まず支出だけではなく、収入もあります。

子供手当は15歳までに合計+192百万円入ります。

また4年の大学期間は下宿を含めたフル費用発生するケースを見ましたが、

大学生も下宿を避けて「奨学金」「アルバイト」でなんとか子供にも負担してもらうのも考え方です。ざっくりとした試算ですが、

文系学費 400
養育費  300
奨学金 ▼200
バイト ▼150
合計   350 -②

なんと1,000万円から1/3ぐらいに圧縮されますね。

①、②を考慮すると、2,000万円→1,000万円強ぐらいに見込めることも可能です。

早くから対策を実行しておく

リタイヤに関わらず、学習費・養育費は前もって対策しておくのが賢明ですね。対策の一つに貯蓄(例えば学資保険)を早くから行っておくのがよいでしょう。

しかしながら、このブログサイトの趣旨では投資を行っておくのがベストかと思っています。ジュニアNISAも使うと節税効果で有利ですね。

最低一千万円も大変な金額ですが、成人するまで長い時間があるものです。この長い時間をつかって早くから投資を行っていれば複利の力も発揮して単純な貯蓄に止まらず、何割かは増えてくれるものと期待できます。

また、上記では「奨学金」の方法としましたが、子供が返済していくのが忍びないと思えば、時間をかけて投資資金で返してく方法も検討できます。

最後におまけですが、今回の記事でちょっと金額に驚いたと思った方は、貯蓄だけでなく、今の支出の無駄、節約も検討してみましょう。きっとよりスマートな家計になり計画的に貯蓄できるようになるかと思います。

セミリタイヤでのブログ村盛り上げたい~クリックお願いします。

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

投資を知識0で始めたいのであれば、これです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です