【検討】少ない資産でシミュレーションしてみる

youtubeタイトルみたいに作ってみました。まだまだ難しいですね。

2千万程度でセミリタイヤを検討

以前から、FIREには必要な資産とシミュ―レーションを何回かやってきましたが、より少なく、若くてセミリタイヤできないか検討みました。特におひとり様は費用をコントロールしやすいので、シミュレーションしやすいです。定期的にいろいろなケースで検証してみたいと思います。

youtubeでは結構低い資産で可能と発表されている方も多々居らますね!もちろん支出次第なところもあるので、今回は考えらえるだけ、より支出を押さえる額でどこまでいけるか検証してみました。

結果は可能性は有り。

結果としては可能性は十分有りです。ただし問題は有りです。

  • ほぼ毎年赤字計上となる。メンタルの強さが必要
  • 少ない原資では配当金目当てでは厳しい
  • 額面が少ないといえど、若い内から2千万程度の資産は厳しい

以下、見ていきましょう。

36歳でのセミリタイヤ

今回は36歳からセミリタイヤをスタート。

原資は2,500万円として、そのうち投資資産は2,000万円、残り500万円は通常貯金とします。

次に支出条件は以下のようなものです。インフレは考慮してません。

できるだけ支出は低く設定してみましたが、もちろんこちらはあくまでサンプル例ですので使い勝手は皆さんのそれぞれですね。

  • 日常の月の支出は6.5万円、賃貸として家賃3.5万円。合計10万円
  • 国民年金は2年の前払いで2年間で約39万円
  • 国民健康保険は(地域で変動は大きいですが)月1万円

その他、それ以外の定期的でないイベント費を設定します。それなりに日常を楽しむためにも旅行費も入れています。健康にも気を付けた設定としました。(笑)

  • 年間で旅行費で20万円、3年に一度は海外旅行として40万円。
  • 健康診断を年一回、1万円、人間ドックを5年に一回、5万円/回。
  • 家電の更新で5年ごとに10万円。
  • 10年ごとに引っ越しをするとして、15万円/回。

年数と横軸としたら、イベント費は以下のようになります。

収入の一部は配当金とします

今度は収入です。

今回は投資資産から配当金が税引き後、総資産から3%が毎年出るという収入とします。

つまりは、初年度は配当金は60万円となります。(外国株の場合の為替は考慮してません。)

もちろんこれだけでは生活には足りませんので、アルバイト等、一定の収入を得るとします。

アルバイトとして年間100万円、月に8万円程度とします。

ちょっと多いかな、っと思われる方も居られるかもしれませんが、何せ投資資産が低いので少し稼がないといけないというわけですね。また100万以下としたのはこれ以上上げると社会保険料が上がるのと、またあまり働きすぎではセミリタイヤではありませんの、実労働はいったんはこの額を限度額としました。

また投資資産については配当目当て、ということであまり株価の変動はないとして年1%増えるとしました。

結果

下記のようになりました。表示上まずは45歳までです。

まずは「収支合計」をみていただきたいですが、これは収入と支出の合算です。赤▼は、合算後マイナスになった。つまりは赤字になったということです。

これを見ると毎年ほぼ赤字ということですね!(年100万円もバイトしてるのに…)

もともと預金は500万円もっているので、赤字分はこの預金から引かれることになります。つまりは毎年赤字だと預金がどんどん減っていくので。これはメンタルが大変厳しいかと思われます。

ただし、投資額の2,000万円は預金がなくなるまで取り崩さないので、年利1%づつ増える計算になります。

そうすると、なんとか総資産としては収支は赤字だけど、ある程度2,500万円で一定に保たれているわけですね。

もっとも、これは投資額が年利1%となることのシナリオの前提ですが…

投資資産は守られた様です。

次にシミュレーションの後半を見ていきましょう。

毎年赤字では預金が無くなるかと思いきや、なんと最終的には途切れないで済む様でした。これは資産が増えて一定の3%の配当が増えたことによるものですね。これも、もしこのシナリオ通りだったら、というわけですが。

65歳からは年金100万円/年が入るとしてます。同時にアルバイトも終わることとしました。(もっとももっと早く働くのは止めたいですよね。)

これを見ていると、だいぶ人生の後半戦になりますが、赤字もなくなり保険の支出も減って資産の増加は加速するようです。

まとめ

以上を踏まえて、若い内からでもセミリタイヤは可能ですが、なかなか厳しい感じは受けました。

  • 一つは赤字年が多いこと(支出と収入が釣り合わない)ことでメンタルが耐えれるかどうか。
  • 少ない資産では配当収入は小さい。毎年のキャッシュインを配当目当てとすると額面を大きくする必要がある。(逆に資産が少ない内は、配当よりインデックスのような資産増を期待した方がよい)
  • 30代でも2,000万を用意するのはなかなか厳しいかも?働き出してから貯蓄・投資を計画立てないと大きな資産を用意できない。

もっとも、もっと支出を少なくすること、イベント費を減らす、もっと日々の支出を抑える、もっと家賃を減らすことで収入と釣り合うことは可能かとかと思います。

その辺りはご自身の生活プランに合わせればよいですよね。

私としては今回の検証で、よくわかったのが

①配当金は毎年のキャッシュインは読みやすいので収入のシミュレーションしやすいですが、少ない資産では配当でのキャッシュインは少ない。

②やはり毎年赤字ではよくない。大きく減らすわけではないと、わかっていても毎年支出と収入は合わせたいところ。(本当は黒字にしたい・笑)

しかしながらつつましい生活でよければ、何もキツイ仕事につかなくても、資産が一定にあれば若いうちから長い時間をゆるく生きていけそうでもありますね。

ご指摘・ご意見等お待ちしております。

セミリタイヤでのブログ村盛り上げたい~クリックお願いします。

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

高配当投資でFIREならこちらの書! セール&ポイントgetで楽天で購入


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です