【ブーム】FIREブーム?続々とYouTube取り上げられる

当ブログ筆者が取り上げられたわけではありませんよ(笑)

FIRE(経済的自由とリタイヤ)の第一人者、サバティエさんの書籍を区切りに数年前からFIRE、またはアーリーリタイヤが知られるようになりましたが、直近またブーム?が訪れようとしているのでしょうか、

つい先日、田中敦彦氏のYouTubeでも「早期リタイヤ」について取り上げられるていました。

お金の話題だと視聴者が数多く集まるのか、なんと100万回も再生されています

いったいどんな内容だったのでしょう?

(視聴した方が早いですかね)

同じリタイヤを取り上げている、当ブログのおっちゃんからも所感も交えて解説していきたいと思います。

内容は書籍の中身の通りです。

すでにYouTubeの有名人、田中敦彦氏ですが、おっちゃんは初めて動画を見ました。率直な感想は

本の内容のまんま

これが驚いたのが、

田中氏ご本人がどれぐらい知っているか、ということでなく

いかに本の内容を伝えるか

それも10分程度の動画にまとめて言わないといけないので、もう勢いよく言いきっています!

ずばりTVショッピングですね。

しゃべり倒して「どうでしょう?すごいでしょう?」いう結論です。

きっかけとなればよいです

わずか数十分での解説なので初めてな方は何のことかわからないかもしれませんが、表面的な仕組みやロジックはわかるかと思います。

あまりの勢いで解説されるので、あたかもその通りなんだ、と思いがちですが、

以降はもし興味を持たれたら、本を読んだりして自分でも理解できるか、納得できるか、確認してみてください。

仮に感銘を受けてリタイヤの実現を目指す場合はぜひ実践してみてくださいw

当ブログがお役に立てれば幸いです..

投資など、資産形成を始められるといろいろ課題がみえてくるかと思います。

おっちゃんのコメント

取り崩しはあまりないのでは

まず、4%の引き出しルールをあっさりと言い切っていますが、毎年資産を4%取り崩す方法で、リタイヤ後の生活費の工面されいる方はあまり居ないかと思います。

これは資産運用が(年利7%?)将来うまくいくという想定ですので、本当に資産が目減りせずに使い続けれるのかと、誰しも不安になるからなのです。

生活費は株価の上下する資産から取り崩すよりも、一定的に生み出される(家賃収入や配当金など)キャッシュフローの方が重要と見出される方が多いですね。

また副業が相まって、結果的に得意なこと、好きなことで安定した収入を得られたという方も多いです。

生活費の調達について人によってそれぞれ不向きがあるので、これが一番ベストというわけでもありません。最終的にはご自身で合うものを形成するしかありません。

ただ恐慌時に備えるバケットシステムは良く考えられたシステムです。ある程度学習されたら、検討する価値はあるかと思います。


資産形成に答えはない、または何通りもあるということ。

資産形成のポートフォリオはそれぞれ独自路線となるのが一般的なので、紹介されているアセットアロケーション(株や債券の組み合わせ)は書籍等に書かれている一般的な手法です。必ずしも合わせる必要はありません。

これはリスクとリターンの度合いがそれぞれ人によって異なるので、結果的に十人十色になるのは自然なのです。

むしろ、それぞれのファンドの性質を確認し、組み合わせに疑問を持つぐらいがいいかと思います。

資産形成は自分に合った、リスクとリターンを練り上げて、徐々に形成されるものかと思います。

またリバランスとあっさりと言及されていますが、これは意外と難しいですね。

高値となったものを易々と売れますか?と機械的な動きができるかどうかの判断と、

ファンドそれぞれの相関性を把握できているか、ということです。

これは当ブログ筆者のおっちゃんも苦戦しているところですねw

時間はかかるものです。

最後に資産運用は時間がかかるものです。今でさえ勢いのあるS&P500は直近年利10%ぐらいとなっていますが、積み立てると効果は半分ぐらいです。(将来的には期待利回りの結果となりますが)

仮に年5%程度のリターンであれば、増えてるのかどうか?と疑いが出てくるかもしれません。

(5%程度ならすぐに下落したら吹き飛んでしまうと)

これはその通りで、資産はすぐに目に見えて増えてくれるものでもありません。

積み立てることと、再投資することを時間をかけて連続すれば複利の力が発揮される機会が現れます。

時間をかけるほど、複利で加速度的に増える

しかし、図から見るように元の資産が脆弱な時期は資産の増加は大きくありません。

複利の力は時間を要してエンジンがかかるものと認識しましょう。1~2年では正直わかりません。


以上、簡単に所感を書かせていただきましたが、別の思いとして

動画は非常に物事をつかむのは手っ取り場合ですね。ネットを閲覧していくよりはるかに時間をかけずにわかりやすいです。これはある意味驚きでした。

ブログでちんたらしてる場合ではないですかね??

ただそれ以上にyoutuberは見せ方(編集)でいろいろ苦労しているところもあるでしょう。時間をかけないといいものもできませんですしね。

筆者のおっちゃんもちょっとyoutube検討したいと、一瞬思ってしまいましたw今更遅いか!?

↓ポチっといただけたらブログの励みになります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です