【初心】早期リタイヤって何?

早く仕事やめて好きにしたい!そんな願いです。

早期リタイヤに厳密な定義はありません。

これは人によってリタイヤへの思いが様々で考え方も異なりますので一概に定義はありません。

まずは60歳定年、もしくは65歳でリタイヤ・退職より前倒してリタイヤすることです。

これについては定年まで残り数年前で仕事を辞める、などよくあることかと思いますが、「早期リタイア」については同義で変わりはありません。

ただ、こちらで紹介しているリタイヤは、もう少し早く、または働き盛り、若いうちから本業の仕事を辞めてリタイアすることです。

仕事を辞めてしまうと、給料所得が入ってこないことを意味しているので、生活が成り立ちません。

そこで給料に代わり、十分な貯蓄と別の所得で生活費を賄おうとする試みです。

これは経済的自立と呼ばれるものです。海外では

FIRE(Financially Independent Retire Early)

と呼ばれています。FIREを目指すとは経済的自由を獲得する、主業とする仕事を早々に、若いうちに辞めるということです。

お金の必要な蓄えは人それぞれです。

早期リタイヤするにはどれぐらいお金が必要なの?と疑問になりますが、普段のお金の使い方(生活支出)が人によりそれぞれですので、これも一概に「おいくら」と回答するのは難しいところです。

これはご自身で普段どれぐらいお金を使っているのか、お金をもらえているか(給料)を計算する必要があります。

お金の出入り(収支)が、ある程度釣り合えば生きていくには大丈夫というわけです。

なので一概にたっぷりお金(例えば〇億円以上など)がなければダメというわけでもありません

(あるに越したことはないですが、それほどお金を用意するのはなかなか困難です。)

最低限生きていける分あれば、との考えもアリです。

しかしながら、定年より前まで十分な資産形成をするのは高給な人や事業をされている方等々ほんの一部です。

(実際、働いても老後もお金が足らないと問題が発生していますしね…)

これについては給料所得以外に資産形成するテクニックが必要です。

こちらのサイトでは貯蓄などの資産形成や、お金の入るシステム(インカムゲイン)を考えていきます。

具体的なことは、このサイトで随時掲載しています。また以後記載していきます。

リタイヤ後は自由です。

無事リタイヤを成し遂げたら、働かない生活が始まるのか?と思われるかと思いますが、答えはYES、その辺りはあとはご本人の自由でしょう。

充分な資産、または所得が入ってくる状態でしたら働く無くても死ぬまで生きていけるでしょう。

ただ人間は何もしなくなることは、よっぽど年齢が衰えない限りほとんどないようです。

これは社会とのつながりを持ちたい要求が出てくるようですね。

つまりは新しい生活スタイルを作ろうとするのです。

それは趣味だったり、ボランティアだったり、起業したり。。。

本末転倒ですが、働くこともするかもしれません。

完全なリタイヤでもありません。

早期リタイヤと言えど、何もしないで過ごすというわけでなく、

パートタイムなどリタイヤ後も一部生活費としてお金をまかなうことも、できます。

これは早期リタイヤについて、完全にFIRE(経済的自立)する必要もないのです。

完全なリタイヤは相当のお金が必要です。リタイヤするため多額の金額をターゲットとすると達成するにはなかなか困難です。

そこでリタイヤ後も一部収入ができれば、生活に支障なく送れることも可能ですし、準備するお金の額もハードルが下がります

リタイヤしても、生活の足しとする仕事も続ける。これをセミリタイヤと言います。

(他にもバリスタFIRE、サイドFIREなどいろいろ名前はあります。)

当ブログサイトではどちらかというと、セミリタイヤを目指すことにしています。

またセミリタイヤしても必要に応じて仕事をする、わけでなく今後趣味や今までの副業が収入になり得ることもセミリタイアと言えるでしょう。

可能性を考え行きましょう。

定年前までに辞めるなんて、老後でもままならないようだし、とお思いになるかもしれません。

でも少しでも仕事を辞めらたらな、早くから好きなことをしたい、と思うところがありましたら

ぜひ可能性を考えていきましょう。

早期リタイヤはすぐにできるものではありません。じっくりと検討して計画立てて、また時間がかかるものです。

なので取り掛かるとしたら、早くに越したことありません。

悶々と惰性で働いて暮らしていくこともできますが、可能性を検討するだけでも無駄になりません。まず検討してみることです!


このブログではリタイヤに関する様々な情報を提供していきます。今後参考になればと思っております。

(具体的なリタイヤ検討方法は次回に続きますよ)

↓ブログの励みになりますので、ポチいただけたら幸いです。

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です