家計簿がリタイヤへの道

家計簿はつけてますか?

前回の記事を確認してほしいですが

リタイヤへは、まずは生活の支出を確認しましょうとお話させていただきました。そこで改めてお金の洗い出しをされるのであれば、これから家計簿をつけてはいかかでしょうか?ここではっきり言いましょう。

金勘定もせずに早期リタイヤなんてありえませんw

早期リタイヤは綿密な金勘定の上での戦略です。タイトルのとおり大作戦です!

なので基本として、まずはどれだけお金が出て行っているか、かならず確認が必要です。

ただここはすぐにつくれるものではありません。それぞれ季節で出るお金もばらつきがあるので、1年サイクルの時間をかけるのが理想です。

あまり明細でなくてOK

あと「家計簿」というほどの明細なものでなくても構わないと思います。ただし例外はあります。

必ず(毎月)出ていく固定費は明細にしてください。

ここは後々極めのポイントとなります。わかりやすく言うと燃費を良くするところ…ダイエットするところでしょうか?

(↑FPが毎度口酸っぱくいうところはここw)

それ以外では、まとめやすい分類で負担をかけないでデータ収集されるのでいかがでしょうか。筆者の場合は固定費以外は、

  1. 食費+雑貨+ドラッグストアの医薬品
  2. 上記以外で自分だけに必要なもの(小遣いの分類)

と、たった二種類だけです。1は食費だけで分けるのが理想ですが、現実、いまの店舗は、特にドラッグストアは食品からなんでも売ってるのでここから分類わけするのは負担が大きいです。筆者はレシートの合計値を取ってるだけです。

2は1以外の費用なので、分けるのは分かりやすいです。2は自分さえ我慢すればいい費用ですが、どだいお金は使われるところで使うので、自分の意志と拮抗した結果だと思ってますw

それ以外ではいろいろと大きな金額が発生することがあるかと思います。「旅行」「車」「家」など様々かと。

ただし、旅行以外は毎年でる金額でもありませんし、ある程度見込みがわかる金額かと思います。これはいったん置いといて、まずは上記のデータ収集を目標に集めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です