【CF】生涯キャッシュフロー表でストレステストをしてみる

ストレステストとはわざと負荷をかけて想定外な状態でも、ある程度耐久性があるか確認することですが、今回は早期リタイヤでも出費が重なる場合はどうかと検証してみました。

↓前回の一人おじさんの場合の検証

ずばりは家族持ちでやっていけるかの検証です。(ストレスでないですがw)

これはもちろん条件が大きく影響しますが、子だくさんや多額のローンを抱えている場合などは到底厳しいので

いくつか甘い条件設定させてもらいましたw(意味なし??)

設定の明細

〇家族状況

  • ローンなし、持ち家有り
  • 子供は一人(10歳)
  • 奥さんは働いており別財布(奥さんにはお金かからない)
  • 車は奥さん維持持ち(乗り換え時は100万円オンする)

〇リタイヤするおじさんのステータス(ブログ筆者ではないぞw)

  • 45歳スタート、50歳セミリタイヤ
  • 仕事中は手取り月30万円、ボーナス100万円
  • リタイヤ後は65歳までパートなどの月5万円の収入があるとする。
  • 退職金は手取り800万円が出るとする。
  • リタイヤ後は2年ごとに国民年金を払う

〇資産運用

  • 運用資産3,000万円、別に預金500万円
  • 運用資産は税引き後3%の配当がある。
  • 運用資産は毎年1%評価額が上がる

リタイヤ前までは毎年の余剰分は2割を貯金、8割を投資とします。

スタートがまぁまぁなお金持ち状態です。

〇主な支出

  • 光熱費・固定費・食費・myこずかい含めて月10万円とする。
  • 固定資産税、教育費、イベント費は別項目

普段の生活費は月10万円はキツイですかね。リタイア前までは倹約生活ですw

以下はライフイベント表です。(教育費は別としてます)

リタイヤしたら即赤字続き(笑) これはヤバイか!?

このシミュレーションの面白いところ(負荷設定)はリタイヤと同時に子供が高校生で教育費が跳ね上がることです。これは支出が大きいです

さらにある程度遊ぶとしてイベント費(旅行など)を増やしています。途中でリフォーム爆弾を追加しましたw

最大で年300百万円の赤字。まぁ貯金がなかったら考えられない赤字です。

今からお金がかかるのに早々に辞めて悠々自適でお金を使うのは奥さんに殺されそうですなw

支出が減るまで浪費はおわずけ

しばらく赤字続きです。浪費はできませんね、残念ながらしばらくリタイヤ前と変わらず倹約生活です。

ただし仕事からのストレスが離れて、時間もできます。この時間でお金を使わずに何をするかでしょうね。

本末転倒ですが、お金を稼ぐこともできます。効率よく収入を得られる戦略ができればベストですがw

子供が卒業すると、年金が入ってるまでのカウントダウンがはじまります。資産の幾分かは、お金を使った方が動ける年齢機会を逃さないこともできますね。

(年老いても多額の財産を残すことはないかと)

支出は現金バケットの存在が大きかった

しかしよく見ると、運用費には手を付けずに済みそうでした。なんとか貯金分で赤字を賄えたようです。

運用に手を付けないことで配当金は安定してもらえたというこでしょうか。

現金も運用を検討しましたが、やはり必要な費用は現金で置いておくのが良いようです。運用で翌年に暴落となれば底をつくのが早まります。

  • リタイヤ後の合計の総資産の目減りは最大▲5%程度だった。
  • 現金バケットを用意しておくと赤字でも運用費に手を付けずに済む

目標ターゲットの検討はなかなか難しいか

今回は潤沢な運用費で配当を得られたので結果的にあまり減ることなく年金までたどり着けそうですが、

老後残しておきたい額を決めるのは難しいですね。あまり残さなくてもよいと言っても、配当のように運用費で日々の生活にどれぐらい賄えるか決まる形ですからね。

インカム重視であれば、生活費に対して配当金を出し続けてくれる運用額をターゲットに決められてはいかがでしょう?

年金までそこそこ残っていればよいと、取り崩しを認めるのであれば、CF表で調整して決めてもよいかと思います。


夫婦の合算の資産を運用となれば、二人ともリタイヤであれば、毎年の赤字の可能性は大きいですが、運用資金は結構大きくなるかと思います。

CF表はエクセルで簡単に作れます。算出することで、いろいろな事実が見えてきますよ。ご自身の環境に合わせて検討されてはいかがでしょうか?

少し参考になったと思ったら↓ポチいただけましたら幸いです。

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です