【REIT】リートで手堅く配当を得るには

突然ですが、REIT(リート)はご存じですか?

株式投資を始めるとよく出てくる金融商品です。正式には不動産投資信託です。

個人が不動産を直接購入するわけではありませんが、不動産ファンド企業(投資法人)が変わって不動産に投資する投資信託です。

最大の特徴なのはこの不動産投資を証券化したことです。これにより証券市場で株式と同じように取引(購入)することが可能となりました。

REITの基本はインカムです

投資入門ではポートフォリオの一部にリートを推奨する場合も多々あるかと思います。

これは株式やコモディティ(金)との相関性からポートフォリオに入れるように推奨するわけではありますが、実態としては値段の変動よりも、不動産の売買や家賃のリータンがありきのインカムの性質のファンドといえます。

もう少し詳しく知りたい方はREITを調べてほしいですが、REITのファンドは収入の利益の9割を配当に回すと法人へ税徴収がない制度となっているので

基本的にはファンドは投資家に配当を出し続けるようになります。

定期的なインカムが期待できる不動産投資ですので、よくわからないマンション投資よりよっぽどマシなのですが、

少し特徴を整理して並べてみましょう。

REITの特徴は

REITのメリット

  • 証券化されているので購入方法は株式と同じ
  • 不動産投資と言えど少額から投資ができる。配当もでる。
  • 比較的配当は安定している。
  • 実際に不動産を購入するわけではないので不動産手続きは一切不要
  • 株式証券と同じく即時売却可、流動性がある。

REITのディメリット

  • 証券化故に証券の価格の値上がり値下がりがある。
  • 証券の価格の値上がりは利回りを悪化する
  • 価格が景気変動の影響が大きい

メリットが多いのですが、証券化した故に株価と同じく投資価値で値動きしてしまうのが最大のディメリットです。

(株式では当たり前ですが)

特にREITは景気に敏感で景気悪化は株式よりドローダウンすると言われています。

しかしながら先に述べた通り、基本は家賃収入のインカムを期待する不動産投資なので、REITは付き合い方次第では手堅い配当を得ることもできると考えています。

ETFで少額ナンピンがお勧めかも

REITは、カテゴリー別に特化した投資法人が多いです。投資先はオフィス、住宅、ホテル、商業施設、物流、病院などなど、多数あります。

また一回の購入が何十万~何百万とするリートも多いので、一度の購入では下落の影響が大きくでてしまうので投資資金が少ない初心者ではちょっと躊躇するでしょう。

事実、今回のコロナショックでは、インバウンド需要で活発だったホテル系REITは大打撃を食らいました。

それぞれどの分野が良いか、調べて予想するのは初心者には難しいので、まずはリートのETFが扱いやすいです。

リートでは東証のETFがいくつかあります。見ていきましょう。

〇は配当月を表現しています。

支払いが年4~6回あるファンドが多いので、米国の配当に慣れている方にとって定期的な配当はありがたいです。

(ただし、半期決算が多いので年4回でも金額のばらつきはあります。)

次に一株単価です。これも手ごろな金額が多いです。もちろん通常では単元購入で100口からとなっていますが、

ネオモバなど、単元未満で購入できる所では一口から少額購入ができます。

この条件がそろっていると一度に何百万~何十万円のREITを買うことなく、一株ずつ購入することで一度の下落を避けることができます。(ドルコスト均等法)

積立をするなら価格変動を抑えることにより、なおさら良い配当出すファンドとなるのではないでしょうか?

株価の上下に慣れてきたら(一喜一憂しなければ)、あとは配当が入るだけです。

上記の表の太文字はブログ筆者のおっちゃんの選択肢です。4月と10月が支払日から抜けていますが、あと少し加えることで年間を通じて配当を得ることができますよね。

こんな感じ配当を形成すると年中配当が出るのが楽しくなりますよ。

ただ景気左右が大きいので、インデックスファンドのように長期的に成長を期待するのはちょっと難しかもしれません。REITは配当を目的としたポートフォリオの一部としていれる程度でしょう。

↓参考になったとおもったらポチいただけれたら幸いです。

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です