【将来】株で夢を買っておくのもよいか

ヴァージンギャラクティックHPより

株なんて企業そのものは興味なくて単純に今後上がるか、配当出してくれるか期待するものですね。

あまりに惚れこむと、業績が悪くなりかつてのパフォーマンスがでなくなっても損して持ち続けてしまいます。結果、機会損失が発生し判断を見誤ります。

しかしながら、

初心に戻って将来業績が伸びると思う企業、最先端に挑戦している企業等々、あこがれる企業へ投資ももちろんありですよね。

一昔前ではITバブル時の企業、少し前までは今は急成長のGAFAM、電気自動車のテスラに憧れたり、先駆的な魅力手投資された方も居られるのではないでしょうか。

※ガファム G(Google)A(Apple)F(Facebook)A(Amazon)M(Microsoft)

未来はわからないが、可能性はかけたい。そんな気になる企業の記事がありました。

ヴァージンの宇宙企業

気になる企業はタイトル通り、イギリスの多国籍企業のヴァージングループの創設者、リチャード・ブランソンの宇宙旅行企業、ヴァージン・ギャラクティックです。

同社が宇宙旅行にチャレンジしているのをTVで見たことあるかもしれません。

今回目に留まったのはこの記事です。

ヴァージン・ギャラクティックは宇宙企業の中で上場企業でした。そして

なんとSBI証券でもありました。これはびっくり。

もちろん宇宙旅行はまだできていませんので、利益もでていません。

一時急騰していた様ですが、コロナですぐに熱が冷めたみたいです。

今回はUBS(スイス銀行)が投資判断「買い」で情報が流れたので少し上がりぎみです。

しかしながら、今後の売上は本格的な宇宙旅行が出来ないとしばらくは日の目を見ることはできないでしょう。

21年にも成功させたいと報道していますが、そんな数年で何人も運べるとは到底思いません。まだまだ試行錯誤が続くのではないでしょうか。

しかも、同グループのヴァージン・アトランティック航空は破産手続きをしており周りは前途多難。企業が倒産する可能性もあります。

夢を買う

否定的な状況が多いですが、もしかしたら10年後ぐらいにはお金さえあれば普通に宇宙に行ける時代が来るかもしれません。

順番待ち(すでにその様ですが)でたくさんロケットが作られている時代になるかもしれません。

ちょっとワクワクしていきませんか?

ここで資産形成の一つで10年超でリタイヤ目指すには、今のうちにこういう株式の所有もありかもしれません。

もっとも多額資産を購入するのでなく、企業が倒産して紙屑になっても資産に影響しない程度の所有でいかがでしょう。一株18ドル程度です。

仮に夢みたいに上昇すると、その資産は非常に輝きを増します。

業種は違えど・テスラの輝き

おっちゃんも実は惚れこんで購入した株があります。上記にも書きましたがテスラです。

今はまた急激に落ち込んでいますが、その前まで強力に上昇していましたね。株価は数か月前から5倍です。

電気自動車は結局それほど流行らない等々少し前まで低迷していましたが、イーロン・マスク氏の魅力と電気自動車でテスラのブランド力は唯一無二だと思いました。

ちょうどアップルの躍進のように期待して購入しました。

ところが話題性故、業績発表やマスク氏の言動ですぐに大きく上下する株価にちょっと怖くなって少し上がったところで売却しました。

今となれば残念に他ならないですが、テスラがいまだに本業、車の販売で利益を上げていないような状況でこの株価です。

よくわからないですね。

夢買いには忍耐が必要

上記のチャートにもあるように、テスラが輝いたのは8年弱に及んだ末のようです。

株価は若干の上昇があったかと思いますが、この間配当も出ませんので、保有するのはかなり忍耐が必要でしょう。

まさに夢買いです。もしこのような将来を見据えた新興企業をポートフォリオに組むのであれば1%入れるかどうかではないでしょうか。

まだBitcoinの方が将来がありそうですw

しかしながら初めに戻りますが企業の成長にかけるという、本来の株式の目的で購入し、月日の流れとともに変化を楽しむのもよいではないですか?

さて皆さんは他に輝きそうな企業候補ありますかね?

楽しめたと思ったら↓ポチいただけましたらうれしいです。

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です