【ポイ活】マイナポイント、付与は意外と最速だった

【ポイ活】ではない、と突っ込み入りそうですが、5,000円タダ!ただしキャッシュレス

もう少し言うと、キャッシュレスポイントが利用、もしくはチャージで25%(上限5,000円)タダでくれるのです。

詳細対象のキャッシュレスサービスはこちら参照。

この手の手続きはクソめんどくさいかと思ってましたが、スマホがあれば意外と最速でした。しかもマイナアプリは入れていません。

ただしかわいいうさぎさんとは裏腹にけっこう挫折箇所が多いですw

用意するもの

  • マイナンバーカード
  • スマートフォン
  • paypayなどのキャッシュレスアプリ
  • マイナンバーパスワード
  • セブンイレブンw

筆者のおっちゃんができたのは上記を用意するものでしたが、以後数々の落とし穴がありますw

マイナンバーは必要

これは最低必要ですな。通知カードではダメみたいです。

ここから用意するのは大変かと思いますが、以後カードの用途があるのでこのさい取得する方がよさそうです。(カード普及が狙いのようですが)

難題①スマホでアプリ非対応有り

一つの山場がこのスマホ対応。なんとスマホにカードをかざして情報を取得するシステムのようですが、機種ごとにかざしたり接触させる箇所があり、コツがいりそうです。

四苦八苦させて読み取らせるのですが、その前の山場がアプリ導入です。

「マイナポイント」アプリが出てこない

嘘みたいな話、マイナポイントアプリがgoogleplayの検索で出てきませんw

意味わかりませんw

けっきょっく総務省のHPよりリンク先でダウンロードするしかありません。

マイナポイントアプリ導入も順調とはいいきれません。

なんせおっちゃんのスマホでは非対応でしたw

ちょっと途方にくれました!しかしながらスマホ非対応でも対応策はあります。

手続きスポットで対応する

結局従来のような窓口申し込みもできるのですが、コンビニのマルチコピー機やATM端末でも手続きは対応できます。

しかしながらコピー機では最新機種?でないと行政手続きでマイナポイントの手続きが画面がでてきません。

コピー機は見つからず、あきらめてセブンイレブンのATMを探すことにしました。

難題②マイナンバー期限切れ

手続きはコンビニのチケット端末ではなくATMの方です。ATMのカード入り口にマイナンバーを刺しますw

ここで難題です。マイナンバーにも端末使用については有効期限があります。(更新の手続きの案内が届きます。)

これが切れていると端末での使用はできません。

難題③パスワード忘れ

ここが最大の難関かもしれません。マイナンバーを作成時のパスワードです。大抵の人は忘れています。10万円支給の時も大混乱しました。

3回間違えたら使えなくなるという時限装置付きですので、もうヤバイです。

年寄りはどこかに控えとかないとダメですねw 誰がこんなパスワードに興味あるのだか。

キャッシュレスアプリを用意する

ここまでくれば、もう少しなのですが、確認しておくものがあります。

チャージするポイントと結びつけるためにキャッシュレスアプリが必要です。

筆者のおっちゃんではpaypayを使っていたので画面トップに表示されていましたのでわかりやすかったです。

これを事前に用意しておかないといけません。直前ですとATMでまごついて順番待ちの後ろのプレッシャーに押されるかと思いますw

操作については↓

ATMにカード投入→パスワード→キャッシュレスアプリのコード→最後に電話番号の下4桁を入力

ATMでの手続きは意外と早かったです。住所云々とかあるかと思ったら、実質2分程度ぐらいじゃないでしょうか。

手続きが終わると登録申請の紙がでてくるのですが、これは特に使いません。申請は済みの状態で、翌日には登録完了していました。

完了はつまり、買い物や、チャージをすれば即座に5000円分のポイントが付くというものです。


難題はところどことありましたが、全てクリアすれば付与まで早かったです。このところは率直に評価したい。

でもまぁセキュリティーやデバイスの関係で結局デジタルな利便性は効果がでなかった感じですね。

いろいろと普及の問題もありますが改善してほしいものです。

ところどころ難題はありますが(上記はわかる範囲ですが)、クリアできると5,000円ですので是非トライしてみましょう。

ちょっと参考になったと思いましたら↓ポチいただけたら幸いです。

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です