様々なインデックス投資先

種類だけでなく分類も様々

↓参考 インデックス投資とは

日本市場や他国の市場のインデックスに連動する投資信託やETFもありますが、

インデックス投資先と呼べば、ほとんどが米国か全世界の市場インデックス、または大部分加わっている投資信託やETFになります。

どのようなものがあるか代表的なものを見ていきましょう。これらのファンドの購入でインデックス投資はまずは間違いありません。

投資信託での銘柄

投資信託でも米国のインデックスETFに連動するファンドはあり、近年大変人気になっております。

以下3つがインデックスファンドの代表格ではないでしょうか?

前回もお話しましたが、楽天はVTI、他二つはS&P500連動です。後者2つにあまり差はありません。SBIは後発ですので資産総額はまだ追いついていませんがどのファンドも人気で差はでないと思います。

下記が投資信託の購入での特徴です。

  • ほとんどの証券口座でネットで購入できる
  • 最低購入額は100円から
  • ノーロード(購入手数料無料)が多い
  • 積立投資ができる
  • 積立NISAの銘柄に入るものが多い
  • ポイント投資ができる
  • ポイントがもらえる

ファンド名で楽天やSBIなど付いていますが、それぞれ別の証券会社でも取り扱ってます。

最低購入単価は100円からですので非常に投資が始め易いです。つまりは積み立ても100円単位から可能です。

インデックスファンドはほとんどが積立NISAの対象です。

楽天やSBI証券ではポイント投資もできます。(楽天ポイント・Tポイント)

ただし、ポイント付与(もらう場合)の条件はちょっと複雑ですので各証券会社で確認してください。

楽天では積み立て投資で楽天カード引き落としで付与条件になります。(月投資額5万円分のみ)

ETFでの購入の場合

経費の安いETFではバンガードのETFがおすすめです。

↓参考 バンガードETF

上記リンクのVOO、VTI、VTがおすすめです。

真正のインデックスファンド(言い方が正しいのかどうかですが…)なので、経費が安くてこちらをできれば購入したいですが、投信と不利なところもあります。

  • 一株単位の購入
  • 一株単価が高い
  • 購入費がかかる場合も有
  • ドル購入(為替差費用がでる)

残念ながら、一株がまぁまぁな値段になってます。VOOでしたら今現在306$程度の価格です。毎月積み立てるのはちょっと割高かもしれません。

米国株の扱いと一緒なので購入手数料が発生します。各証券会社は対象ETFは無料のキャンペーンを行っている所もありますが、まだ全てではありません。

米国株ではドルで購入しますので、為替差(売値と買値の差・スプレッド)がどうしても発生します。これは人によって気にされる方も居るかもしれません。

では投信ではどうなっているのか?というと、もちろんドル円の為替差はありますが、いろいろな要因を総じて投信ファンドの基準価格となっているので、

投信は変動要因は追いかけれないけど、基準価格が全てと割り切るところがメリットととるか、ディメリットととるかによります。

これは難しい判断で、おっちゃんも投信はできれば避けたいところもありますが、上記のメリットもありますので購入もしています。

もちろん人によっては投信一本の方も多いです。

おまけですが、OneTapBUYではSPDR S&P500 ETFを1000円単位から購入できます。ひょっとしたら今後インデックスファンドが増えるかも…です。

東証ETFでもあります。

日本株では国が積極的に買い支えする日経ETFがありますが、もちろん日本株のインデックスですので今回は米国株のお話として、

東京証券取引所でも米国株インデックス連動のファンドがあるのです。

銘柄のインデックスはS&P500の連動です。どちらもあまり差はないかと。

あちらのドルの指数が円建ての価格になっています。1557はSPDRのETFそのままの価格ですので一株あたりの単価が高いですw

上記これらについて、投資信託があるのに何が違いかというと、こちらは株式と一緒なので約定がその場で決まります。

投信では翌日の基準価格となる場合が多いのでリアルタイムでの値段で購入することができるのです。

また日本株のみを扱っている証券口座でも米国株インデックスファンドは購入できます。

たとえば、ネオモバから始めた人でもネオモバは国内株式のみですが、ここでも【1655】【1557】などの米国インデックスファンドが買えるのです。

その他、もちろん円での購入ですのでドルへの交換は気にしなくてよいというわけです。その点は投信とおなじような感覚ですね。

円買いでのメリット(二重課税調整)

米国株では配当に所得税以外に外国税が発生するので確定申告しないと一部控除にならないのですが、外国株に投資している投信と東証ETFでは外国税控除対象となりましたので

確定申告をしなくても自動で外国税の控除となり有利となりました

(参考)二重課税調整

(ドル買いの米国株は引き続き外国税が発生します…)


人気のインデックスファンドはまだ増えそうな感じがしますね。今後も紹介していきたいと思います。

↓ぽちっといただけましたらブログの励みになります。よろしくです。

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です