副業やっとく?クラウドソーシングとは

これだけ副業でもらえたらいいなぁ~

記事の前に筆者の愚痴ですが、近日ブログ更新が遅れているのでは…

wordpress更新したら「下書き」が飛びましたwwww ほとんど出来上がってたのに!

巻き戻りで再記載していきますが、二度目はうまく書けないですね~苦しい。みなさんも安易に更新は気を付けてください

今回はこのタイトル、クラウドソーシングを記事にしたいと思います。

この言葉は聞いたことがありますか?

このブログのおっちゃんも最近知り得た言葉です。業界、フリーランスではずいぶん前からある名前なのですが、あまり世間ではまだ聞かれない言葉ですね。

委託業務である。

今流行りのクラウドはなんとなくネットを通じて、とわかるかと思いますがソーシングの意味は主に部品や原材料の「調達」です。お勤めの人では組織にソーシング部と呼ばれる部門もあるかもしれません。

しかしながら企業名でこの名前が使われることも多いようで、その場合は委託業務を示している様です。

今回のクラウドソーシングはまさに後者の方でネットを通じて事業者や個人が、主に個人に業務委託をすることになります。

具体的にはデータ整理の単純作業から、アンケート、ブログや商品説明の委託記事、またプロジェクトの一端など、かなり広範囲です。

詳しくはまとめサイトが充実しているので覗いてみてください。

セミリタイヤでの地ならし

さて、今回はなぜクラウドソーシングを記事にしたかと言うとセミリタイヤ後でも収入を得ることにフリーランスのスキルを身に着けておくことも、検討すべきことではないかと思ってます。

FIREの第一人者のサバティエさんは副業をがむしゃらにこなし、得た財を可能な限り投資することで、短期間で経済的自由を成し遂げました。

またセミリタイヤ後も現役で行ってた副業がそのままフリーランスで収入を得ることにシフトできるようになりました。

なにもセミリタイヤでの収入はパートタイムでも良いのですが、できるだけ仕事をしたいときに仕事をする、可能な限り拘束されないのが早期リタイヤの目的ではないでしょうか(と思います。)

※(とは言ってみても有名ブロガーさんはリーマンやめても大変らしいですね。ブログの更新は続けないといけませんし…)

副業のノウハウ本はありますが、手軽に副業ができ、収入を得ることができることを目的に、クラウドソーシングを副業の一端として検討することにしました。

今持ってる知識やスキルで副業ができないか、またはこれから学習して副業ができるか、今から準備して身を固めておくのもいかがでしょう?

理想は独自のブルーオーシャンを得る

クラウドソーシングでの紹介案件はPCさえあれば、ほとんど業務をこなすことができる案件が大半です。また多くがディスクワークで作業ができるので副業として手軽さはかなり高いと思います。

(スキルが必要な案件にはCADソフトや画像加工ソフトなども必要です。)

ネットとPCさえあれば誰でも参加できるので登録ワーカーは非常に多いです。

しかしながら案件は千差万別。ニッチな隅を突くような特殊案件も多いので専門か、特別に経験者でないとできない案件も多いです。

その手の案件は元々の職業スキルの延長上だと思われますので、もしマッチングが合えば今後のフリーランス業としては有利です。

案件完遂時に評価が得られたら、信頼を得ることでまた仕事を頼まれることも高まります。独自のブルーオーシャンを得ることができれば、セミリタイヤでの仕事に充実すること間違いないでしょう。

crowdworksより

収入の安定は時間と経験がかかりそう

逆に特にスキルがない場合は経験なしの状態です。あるとしても社会人としての職業知識と一般的なワークフローでしょう。

残念ながらそれはそれで受け止めて紹介されている案件で仕事ができないか、探してトライするのみです。

ソーシング案件では経験なし、スキルなしの案件はそろっています。(単価は安いですが)

数をこなしてソーシング業務のノウハウを徐々に手に入れていくと経験とスキルを積むことになるでしょう。

手軽なところで、登録ワーカーが非常に多いのでここで差をつけるところになります。委託者もにわかワーカーに頼むより、経験者に頼みたいですしね。

経験とスキルを積むには時間がかかりますで、この手の副業を今後の糧にするなら早くに手を付けた方がよいでしょう。

また案件は豊富ですが、同じような案件が続くわけではありません。その辺りは手探りで自分にとって安定した案件を見つけいくしかありません。デザイナーやライターは競合が多いのでなかなか厳しいところはありますね。単価との兼ね合いかと思います。

テレワークの普及でワーカーとソーシング業は増えるか

以下は少しズレた話になりますが、ソーシング業は今後増えると思います。

現在コロナでテレワーク、会社に出勤しなくても在宅で仕事ができるように企業は進めています。

ここでメールやビデオ会議でコミュニケーションがとれて、業務が回るとわかってくると、何も社員に頼まなくても誰か委託先でやってくれたらいいと考えが変わってくるのではないでしょうか?

または部下に残業をさせなくても、委託先で夜に仕事を仕上げさせるということもできるでしょう。

もちろん機密保持やセキュリティーの問題はまだまだありますが、社員を連れてこなくても時間の切り売りできるフリーランスに頼むこともできるのではないでしょうか。

正社員をぐっと減らし、管理職、リーダー職のみ社員として、後はその指揮のもと遠隔地の誰かに委託して業務をこなすということもあり得るのではないでしょうか?

またテレワークにより、社員はクラウド業務はイメージしやすくなっているかと思います。ソーシングワーカーも増えるのではないでしょうか。

会社員となり、毎日出勤するサラリーマンは昔のもとなり、基本在宅業務で一部の方は契約に基づき、空いた時間をフリーランスとして副業するのが当たり前になるかもしれません。

今は転換期かもしれませんので、クラウドソーシングの知識とスキルは持ってるに越したことはないかもしれません。

(私も含め、おじさん世代は特にヤバイw がんばりましょうw)

↓ぽちっといただけたらブログの励みになります。

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です