怒濤の入金月でした。(6月配当実績)

6月は米国株の四半期配当月と日本株の半期配当月、さらに中国株も今年は6月に配当が多く入った結果、過去最高の入金月でした。合計29万円。普通に給料並ですね。さらに税引き後です。ここまで入金があると不労所得は素晴らしいです。

さて今年は早速半年が過ぎてしまいました。キャピタルゲインは低調ですね。皮一枚の準富裕層です(笑

ただ配当はじっくり株本数を増やしてきた結果、権利日までおおよそ半年後成果が出てきます。数年前からひたすら日本株を一株ずつ買い続けていましたので今月は日本株の入金がどっと増えた感触です。本数を増やしていくと株投資に手応えを感じますね。

前年の半年での配当入金額と比べると23%増えた結果でした。為替影響でちょっと多めに出た感じです。
実は配当を増やして行くのは結構時間がかかります。考えて見たら直ぐわかりますが、例えば500万円も年に投じても、5%の利回りでしたら税引き後20万円です。
キャピタルゲインで10%増えたら直ぐに2倍です。資産形成なら素直にインデックスをお勧めしますが、配当はほぼ確実に貰える強みがありますね。
株数を粘り強く買い続けて増やす、努力が報われる投資ではないでしょうか。
FXの様なゼロサムゲームでは報われ難いです。

6月は配当月が重なったことで多量の入金でしたが、来月以降は、またしぼんでしまいます。中々難しいですが均等に配当が入るように各月穴を埋めていくよう出来ればいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。