不動産をやらない理由

結論的に言えば、やや諦めたという状況です。

5千万円を超えてから不動産をを非常に意識し始めましたが、きっかけは米国株ブログの「たぱぞうさん」が、投資指標として資産があらかた増えてきたら、たとえば5千万円超えてきたら不動産を意識しようというものでした。

確かにいままでほとんど株式だったので資産として偏りを感じていました。

不動産を非常に興味が湧いたのは「レバレッジ」を効かせることができるのです。

FXや信用取引でも同じ言葉ですが、不動産ではお分かりのように借入でローンのことです。

物件に対して、年収の何倍もの資産をローンで購入できるのは多いに魅力です。もちろん借金をして購入することになりますが、その高額な購入物件でのリターンは手持ちのお金だけでは実現不可能なものです。

私の場合はリーマンで、かつ住宅ローンもありません。つまりは借りるのに条件が揃っていたのです。これを使わないわけには勿体ないと、ずいぶん不動産に対して勉強しました。

ところが、実際に最終的に市場状況と収益シミレーションをしてみると、そう甘い世界でもなかったのが薄々気が付き始めました。

大変残念でしたが、株式と比べると実際得られる利回りは、リスクをとる(借金する)ほど良いリターンが得られないのが分かったので、一旦は断念ということにしています。

これの詳細は次の記事に記載することにいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。