悲壮の仮想通貨 メンタルの保ち方

GWは休みでしたが、その分家庭対応で休みでも時間が取れないのが「家庭」ですねw

その後も休み明けは仕事が溜まってますし、なかなか思うように時間は取れません。

さて、そうしているうちに市場指数は悪い数値が立て続けて発表され、特に株式のグロース関係は暴落に近い落ち込みが続いています。

イーサリアムはピークから▼50%…

私の状況としては仮想通貨が暴落でだいぶ下がっています。今回はアルトコインの価値が疑われるトラブル?で影響が大きいですが、ボラティリティが大きい投資先から落ち込むのは、やはり全うな状況ですね…

センチメント的に仮想通貨に対しては「価値を見いだせない」と認識されると、これは駄目だと売られやすい状況です。ついに来たか!といったところでしょうか。

よくわからないけど買われていた、やっぱりよくわからないから売ってしまえ、が仮想通貨のあるあるですね。この上下ブレに慣れないとなかなか投資できない銘柄です。

資産の一部としては賛成しますが、大部分を占めてしまうと急激な下落にメンタルが持ちません。

私の場合は仮想通貨で先月比▼100万円以上落ち込んで頭がクラクラしてます。給料のはるかに大きい額が無くなったのです。

しかし50百万円の総資産からすれば▼2%程度です。なんだ、たったの2%下がっただけかと思えばグッと耐えられる感覚もできます。

これが例えば200万の仮想通貨だけが総額資産だとすると、▼100万円は50%の落ち込みです。コツコツ貯めていた資産が一気に半分に無くなるのはメンタルが持ちません。

リスク大の投資はリターンを大きく期待できますが、反動も同時にあるのです。まずは構成比率から少ない比で始めるのが定番です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。